Blog

【業務効率化】ウェビナーツール×MAツールで生まれる効果とは?

 
 

 

ウェビナーツールとは?MAツールとは?


 

ウェビナーツールやMAツールとはどのようなツールなのでしょうか。

ウェビナーツール:Web上でセミナーを開催できるシステム

Web上で開催するセミナーをウェビナーと言います。そして、これを開催するためのシステムがウェビナーツールです。インターネットを介して映像を配信することでセミナーを実現します。

ネットを介した映像のやり取りというと、Web会議システムを思い浮かべる人も多いでしょう。ウェビナーツールも基本的には似た特徴を持ち、遠隔地同士で映像を送受信し、コミュニケーションを取ります。

しかし、セミナーを開催することに特化したシステムであるため、参加者の管理機能やSNS連携など、セミナーを円滑化する機能を備えています。

簡単操作で安心サポートのウェビナーツールコクリポって?

 

MAツール:マーケティング活動の一部を自動化できるシステム

MAは「Marketing Automation」の略で、マーケティング活動の自動化を意味する言葉です。
マーケティングには、リード管理やユーザー情報の収集、メール配信などさまざまなプロセスが存在します。これらの中には、単調で機械的なプロセスも少なくありません。そこで、ITツールによってプロセスを自動化しようとする概念が生まれました。その概念のことをMAと言い、実際に自動化するITツールをMAツールと呼びます。

近年日本では労働力の減少が進んでおり、それを補うために多くの企業がMAツールの導入に乗り出しています。MAツール市場は堅調な拡大傾向にあり、それに伴ってMAツールの機能も充実してきました。他ツールとの連携などにより、幅広いプロセスに対応できるようになっています。

 
 

ウェビナーツールとMAツールを連携してできることは?

ウェビナーツールとMAツールは連携させられます。どのような機能が使えるようになるのでしょうか。

 

集客メールやフォローメールの自動送信

ウェビナーを開催する際には、集客を行わなければなりません。そこで役に立つのがMAツールのメール配信機能です。事前にシナリオを設定しておけば、それに沿ってシステムが自動的にメールを配信してくれます。このメールに、ウェビナー開催用URLを記載するなどすれば、スムーズに集客できるでしょう。

一方、ウェビナーは開催後のフォローも重要です。あくまでウェビナーは人を集めて接点を構築する手段であるため、そこから次のステップへつなげなければなりません。そこで、ウェビナーツールで取得した参加者のメールアドレスをMAツールと共有すれば、スムーズなフォローが可能になります。

また、MAツールで作成したアンケートをウェビナーツール上で送信し、参加者に答えてもらうといった運用もできます。すぐに意見を集めることで、一人ひとりに適したフォローが実現するでしょう。

 

顧客情報の一元管理

オフラインのセミナーでは、顧客情報の管理に膨大な手間がかかることがあります。名刺の整理やExcelへのデータ入力など、いずれも人の手で行わなければならないため、スタッフの負担になります。

一方、ウェビナーでウェビナーツールとMAツールを組み合わせれば、これらのような負担は発生しません。ウェビナーの参加登録時に入力された顧客情報が自動的にMAツールへ送信され、リスト化されます。また、営業担当者によって作成されていたMAツール上のデータと組み合わせることで、顧客を多角的に把握できるようになります。

 
 

ウェビナーツールとMAツールを連携させた事例は?

最後に、コクリポとMAツールを連携させて運用している事例を1つ紹介します。
 

JTBビジネストラベルソリューションズ様の成功事例


 

JTBビジネストラベルソリューションズ様は、ビジネストラベルを専門とする旅行会社様です。
同社は、コロナ禍の影響により顧客にサービスを紹介できる機会が激減したことを課題に感じていました。リアルイベントが困難になる中、注目され始めていたウェビナーの導入を決断したと言います。そして、コミュニケーション機能が充実していることに注目し、コクリポを導入しました。

そして、もともと使っていたMAツールとコクリポを連動させて運用を開始。MAツールでウェビナー予約ページを作成し、コクリポのウェビナーURLを記載したメールを予約者に送ることで、スムーズな案内を実現しました。さらに、コクリポのウェビナー終了後、画面にMAツール上のアンケートページへのURLを表示。これにより、個人に合わせて最適化したフォローができるようになったと言います。

 
 

まとめ

 

ウェビナーツールとMAツールの連携を検討しよう

ウェビナーツールはウェビナーを配信するためのツールです。一方、MAツールは顧客情報の管理やそれを活用したマーケティング活動を自動化するツールを指します。
これらを連携させることで、ウェビナーに伴うマーケティング業務を効率化できます。より少ない負担でウェビナーを開催することで、費用対効果を高められるでしょう。この機会にウェビナーツールとMAツールの連携を検討してはいかがでしょうか。

 
 

\コクリポウェビナーについて資料請求をご希望の方は/

ウェビナー資料ダウンロードはこちら>>

 

\ウェビナーについてのご相談はこちら!webミーティング受付中!/

無料ミーティング予約はこちら>>

 

ページの先頭に戻る
PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com