Blog

ウェビナー時のカメラについてのアレコレ

皆さんこんにちは、コクリポの小嶋です。

本日はウェビナー時に使用するカメラについてお話させていただきます。

コクリポウェビナーの利点として、カメラ付きのPCが一台あれば
特別な機器がなくとも、誰でも簡単にウェビナーを開催することができます。

とはいえ、参加者に自分の姿が配信される形になりますので
色々と気になってしまうものではありますし、実際にいくつか気をつけるポイントがあります。

そこで、コクリポウェビナーで配信を行う際に、カメラという観点で気をつけるポイントについて
説明させていただきます。

 

 

 

・画質について
まずは当然、画質は気になるところです。(画質=見た目になるので)
比較的新しいパソコンであれば、キレイに配信ができる画質(HD画質がおすすめです!)
なのですが、古い形のノートパソコンや、業務用に特化したビジネス志向のノートパソコン等の場合は
カメラの画質が悪い、なんてことも。

 

配信の画質が悪いな、と思った際には一度利用されているカメラの画質をご確認いただき
必要に応じて外付けカメラ等の利用をご検討ください。

 

お手頃な値段のものでも、HD画質以上のものが手に入ります。

 

また画質が良ければ良いほどよい、というわけではないのでご注意ください。

コクリポ自体の配信はどんな高画質のカメラで撮影をしても通信に負荷をかけないように
HD画質での配信調整して配信される形となっております。

 

 

・外付けカメラの活用
外付けカメラをご利用する場合、画質以外にもメリットがあります。

 

それは、好きなアングルからの配信が行えることです。

 

パソコンの備え付けのカメラの場合、正面からの画像のみになってしまいますが
外付けカメラであれば向きを変えたり、そもそも移動させてしまったりと色々な使い方ができます。

 

ずっと同じ人が映っていると場合によっては参加者が飽きたりする、なんてこともある

かもしれませんので、状況に応じて画面を切り替えることができるのが外付けカメラの利点です!

 

注意点としては高性能な外付けカメラの場合、カメラ自体にオートフォーカスや

色の調整機能がついていることも。それ自体は便利な機能ではあるのですが、意図しない

動きをしてしまうこともありますので、ご利用される場合は機能をしっかりとご確認ください。

 

ウェビナーの場合、ネット越しとはいえ主催者の顔がリアルタイムに見えているからこそ
オンデマンドの動画とはちょっと違う、リアルタイムでのコミュニケーションを行うことができると
思いますので、カメラの映像についてはぜひ色々な工夫をして頂ければと思います。

 

ウェビナーがあたりまえの社会の実現に向けて、今後も開発や情報発信を積極的に
行ってまいりたいと思いますので、今後ともコクリポをどうぞよろしくお願いいたします。

ページの先頭に戻る
PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com