Blog

【無料】ウェビナー集客・イベント告知サイトおすすめ7選!

 
 

 
 

無料で利用できる!ウェビナーの集客サイト

 

ウェビナー集客の重要性

ウェビナー開催をする目的として、リード(新規顧客)の獲得が挙げられます。対面での展示会や、商品・サービス説明会などPRの場面が減少してしまった今、新規の取引相手を見つける機会が減少しています。

それに代わって、オンライン上で展示会や商品・サービス説明会などを開催する企業が増えています。そのためには、いかにウェビナーに集客するかが重要になります。
 
この記事では、ウェビナー集客に役立つ無料で利用できる集客サイトをご紹介します!

Peatix

 

 

Peatix Japan株式会社が運営。460万人以上もの会員が登録しており、高い集客力が期待できます。申し込み状況の確認から告知ページのPV数、アクセス経路など、集客状況を細かく把握できる機能が特徴です。また、一度接点を持った参加者とコミュニケーションを取れるため、次回以降の集客がスムーズになります。

 
 

こくちーずプロ

 

 

株式会社こくちーずが運営。コクリポやZoom、Whereby、Facebook Live、YouTube Liveなどと連携してウェビナーを開催できるのが特徴のサービスです。オンラインイベントに強く、SEOによる集客や参加時のセキュリティ管理など、オンライン上での安全かつスムーズなやり取りを支援する機能が揃っています。

 
 

TECH PLAY
 

 

パーソルイノベーション株式会社が運営。シンプルな告知ページから工夫を凝らしたオシャレなものまで幅広く作成できるサービスです。フォロワーとのコミュニケーション機能が充実し、新しいイベントが告知され次第自動で通知されるなど、密な情報提供が実現します。また、イベントレポートや発表資料も作成できます。

 
 
セミナーBiZ
 

 

株式会社インフォジャムが運営。参加費3,000円未満のイベントであれば無料で告知できるほか、3,000円以上のイベントでも最初の1カ月間は無料で利用できるサービスです。無料期間中は申込者管理やセミナーの詳細掲載といった有料機能を無料で利用できますが、その後は機能が制限されるため、有料会員登録して使い続けるのが基本です。

 
 

セミナー情報ドットコム
 

 

株式会社東邦メディアプランニングが運営。セミナーに特化した集客サイトで、検索機能と予約機能が備わっています。ビジネスセミナー以外にも幅広いジャンルのセミナーに対応しているのが特徴です。クチコミ機能により参加者からのクチコミを集められるため、参加者の生の意見をウェビナーの改善に活かせます。

 
 

フィデリ・ビジネスセミナー
 

 

オウンドメディア株式会社が運営。ビジネスセミナーに特化した集客サイトです。複数条件による高度な検索機能により、ユーザーが目的のセミナーを見つけやすくなっています。また、専用の管理画面が用意され、セミナーの登録や受講者などを一元管理できます。

 
 

ビジネスセミナー探し達人
 

 

株式会社セイビーが提供。ウェビナー情報そのものを掲載するのではなく、リンク集としてセミナーサイトへのリンクを記載する形で使うサービスです。職種や業種、対象者別にセミナーを検索できるうえ、新着のビジネスセミナー情報がピックアップされて検索画面の上部に表示されるため、ユーザーの目につきやすいのが特徴です。

 
 



 
 

ウェビナーの集客で失敗しないためのポイント

続いて、ウェビナーの集客で失敗しないためのポイントを3つ紹介します。

 

1.SNSなどのコミュニケーションツールも活用する

ここまでで紹介した集客サイトのほか、SNSなどのコミュニケーションツールも集客ツールとして活用できます。ビジネスパーソンが多いFacebookや、若者が多いTwitter、視覚的に訴求しやすいInstagramなど、それぞれの特徴を踏まえて使い分けると良いでしょう。宣伝内容はトップにピン止めするなど、多くの人に見てもらえる工夫が理想的です。
ただし、SNSはある程度のフォロワーがいないと集客効果が見込めません。日頃からコンテンツを発信し、フォロワーを増やしておく必要があります。

 

2.参加者の都合に合わせた曜日・時間帯に開催する

曜日や時間帯によって参加者の集まりやすさに差が生じることは広く知られています。ところが、具体的に何曜日の何時が一番良いのかは分かりません。参加者のペルソナによって変わってくるからです。

一般的に、ビジネスパーソンを集めたいのなら、木曜日の夕方が理想的だと言われています。木曜日は一週間の疲れが出やすい曜日であるため、あまり能動的に動かずに済むウェビナーに時間を費やしたいと考える人が多いからです。

しかし、ペルソナがビジネスパーソンでないのなら話は変わってきます。たとえば、主婦層を対象としてお金のやりくりについてのウェビナーを開催するのなら、家に一人でいる平日の昼が良いでしょう。自社の場合はどのような層にアプローチしたいのか、ペルソナを明確にして日時を決めましょう。

 

3.適切な開催時間を設定する

人の話を聞き続けるのは集中力を要するものです。オフラインの会場ならともかく、ウェビナーという自由な場所で参加できるイベントにおいて、ずっと話を聞き続けられる人は多くありません。そうした人々に伝えたいことを伝えるには、内容をコンパクトにする必要があります。

一方で、あまりにウェビナーの時間が短いと価値を感じにくく、参加者が減るデメリットがあります。値段が高すぎると売れず、安すぎると価値を疑われてやはり売れないことがありますが、これと同じことがウェビナーの開催時間についても言えるのです。

では、ウェビナーの開催時間はどのくらいが適切なのでしょうか。LogMeIn社の発表によると、ウェビナー登録者の67%は、60分のウェビナーに登録したと言います。これに対し、30分のウェビナーに登録した人は全体の8%に過ぎませんでした。このことから、一般的に60分間のウェビナーがもっとも理想的と言えるでしょう。

 
 

まとめ

 

ウェビナーの無料集客サイトを活用して、リードを獲得!

ウェビナーの集客には無料集客サイトを利用できます。コストが低く一定の集客が見込めるため、積極的に活用しましょう。また、以下のことも一緒に考慮するとより高い効果が期待できます。


・SNSなどのコミュニケーションツールも使う
・参加者の都合に合わせた開催日時を設定する
・適切な開催時間を設定する

以上を踏まえたウェビナーでリードを獲得しましょう。

 
 

\コクリポウェビナーについて資料請求をご希望の方は/

ウェビナー資料をダウンロードする

 

\ウェビナーについてのご相談はこちら!webミーティング受付中!/

無料ミーティングを予約する

 

ページの先頭に戻る
PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com