Blog

オンデマンド配信のメリット・デメリットは?ウェビナー初心者必見!

 
 

 

オンデマンド配信とは


 

オンデマンド配信とは、動画ファイルをサーバにアップロードし、ユーザーが好きなタイミングで視聴できるようにする動画配信方法です。大手の動画投稿サイトで公開されているものをイメージすると分かりやすいでしょう。好きなタイミングでアクセスできるのはもちろん、途中から再生したり、一時停止したりすることもできます。

一方、オンデマンド配信ではない配信方法としてライブ配信があります。こちらはいわゆる生放送です。事前に作成した動画を公開するのではなく、動画の収録と配信を同時に行います。

オンデマンド配信とライブ配信にはどちらにもメリットとデメリットがあります。それぞれの特徴を踏まえ、目的に適した方を選ぶことが大切です。次項からはオンデマンド配信に焦点を当て、メリット・デメリットをそれぞれ詳しく解説します。

オンデマンド配信のメリット


 

オンデマンド配信にはどのようなメリットがあるのでしょうか。

クオリティの高い内容を届けられる

オンデマンド配信では、事前に作成した動画コンテンツを公開します。つまり、公開するまでに何度でも動画コンテンツに手を加えられるということです。そのため、充分にクオリティを向上させたうえで動画を公開できるのがメリットです。

たとえば、伝える情報を間違ったり、公開してはいけない情報などを言ったりした場合などは編集でカットできます。したがって、本番で失敗したら取り返しがつかないライブ配信よりローリスクです。特に、動画配信に慣れていない場合は非常に大きなメリットと言えるでしょう。

また、声が聞き取りにくいのを改善するためにテロップで補足したり、心地よく視聴してもらえるようにBGMを挿入したりといった工夫もできます。視聴者の満足度を高められるでしょう。

より多くの方が視聴できる

ライブ配信の場合あらかじめ放送時刻が決められています。そのため、その時間に都合が合わないユーザーは視聴できません。せっかく興味を持っていても、仕事などの都合で見られないユーザーがいれば、その分視聴者を逃すことになります。

一方、オンデマンド配信ならその心配は不要です。一度公開すれば、こちらが取り下げない限りは永続的にユーザーに提供されます。ユーザーは好きなタイミングで視聴できるため、結果的に幅広いユーザーを集められるのです。

また、オンデマンド配信用に作成した動画は、別のシーンでも利用できます。たとえば、自社の商品をPRする動画なら、営業資料としても使用可能です。また、SNSなどで広告として利用すると、より多くの人に見てもらえるかもしれません。

ウェビナー登壇者の業務負荷の軽減

ウェビナーを定期的に開催される企業も多くあります。同じ内容のウェビナーを複数回開催する際は、登壇者の業務負荷も増えてしまいます。その際にオンデマンド配信をすれば、一度制作した動画を決まった日時に配信するだけでウェビナー開催が可能です。

また、人前で話すことが苦手な方でもウェビナー登壇の機会は突然やってくるかもしれません。オンデマンド配信なら、セリフを噛んでしまうことや、伝えたいことを飛ばしてしまうなどの心配も編集でカバーすることが出来ます。

オンデマンド配信のデメリット


 

次は、オンデマンド配信のデメリットを紹介します。

双方向でコミュニケーションができない

ライブ配信であれば、視聴者と配信者はリアルタイムにコミュニケーションが取れます。たとえば、チャット機能を使えば気軽な質疑応答が可能です。こうしたコミュニケーションが臨場感を生み、配信側と視聴者側を密に結び付けてくれます。視聴者は「ただ映像を見ている」のではなく、「自分もイベントに参加している」という実感を抱けるのです。

一方、オンデマンド配信は事前に録画したものを配信する形態である以上、リアルタイムなコミュニケーションは取れません。視聴者は一方的に情報を受け取るだけであるため、動画に没入しづらく、深い関係を構築するのが難しい傾向にあります。

配信までに時間がかかる

オンデマンド配信のメリットとして、編集できる分クオリティの高い動画を配信できる点を紹介しました。しかし、これは裏を返せば編集が必要な分時間がかかることを意味します。

ライブ配信では編集はできませんが、それは視聴者も理解しているため、少々品質が低くても臨場感が持つ魅力でカバー可能です。一方、オンデマンド配信は録画である以上、ある程度高品質であることが望まれます。結果として編集によるクオリティアップが不可欠になり、その分時間がかかるのです。

クオリティアップは追求し始めるときりがありません。どこかで公開へ踏み切る必要があります。100点満点を目指すのではなく、継続的に70~80点を達成できるような姿勢を意識しましょう。

視聴が後回しにされやすい

オンデマンド配信はいつでも視聴できるため、長期的に見るとライブ配信よりも視聴者の数が多くなります。しかし、短期的に見ればライブ配信の方が視聴者を集めやすい特長があります。なぜなら、人はいつでもできると思うと意欲が削がれるからです。

オンデマンド配信でも積極的に視聴者を集めようと思ったら、動画視聴までの道筋を描いておくことが大切です。たとえば、動画公開の直前にメルマガで宣伝してリンクを貼っておけば、スムーズに視聴してもらえるでしょう。また、Web広告のようなオープンな宣伝の場も有効活用しましょう。

配信トラブルのリスク

オンラインでの動画配信は、ライブ配信であっても、オンデマンド配信であっても、インターネットやITツールを使う以上、通信トラブルのリスクが常に伴います。特に動画を配信する際は、通信速度やネット環境を事前に整えておくことが重要です。配信者側のネット環境の整備と併せて、視聴者側の推奨ネット環境を事前に伝えることで、双方がスムーズで気持ちよく動画視聴することが可能です。

オンデマンド配信で失敗しないためのコツ


 

オンデマンド配信を少しでも多くの人に視聴してもらうには、臨場感がない点を他の魅力でカバーすることが大切です。視聴者が単純な情報の受け取り手になるのではなく、積極的にイベントに参加しているような実感を抱けるコンテンツを目指しましょう。

たとえば、動画の中でクイズを行う方法があります。ライブ配信ではないのでチャットで答えることはできませんが、途中で頭を使うと視聴者は参加している実感を抱けます。また、視聴後にアンケート機能を使って回答を集め、正解者には得点を配布する期間などを設ければ、短期集中的に視聴者を増やせるでしょう。

コクリポで動画を活用したウェビナー配信方法とは…?


 

ここまでお読みいただいた皆様は、オンデマンド配信のメリット・デメリットをご理解いただけたかと思います。そこで、コクリポを活用した、リアルウェビナーの良さと、動画ウェビナーの良さを、良いとこ取りしたハイブリッドなウェビナー配信方法をご紹介します。

それは、参加者との相互コミュニケーションが可能で、リレーションが築きやすい、リアルウェビナーの部分と、コンテンツの質を高めることが出来る動画ウェビナーの掛け合わせのことです。

実際のコンテンツ部分は、動画ウェビナーで実施し、ウェビナー開催時の部分と動画ウェビナー終了後の質疑応答部分をリアルウェビナーで開催することで、お客様の参加意欲を上げることが可能です。

また、動画を見た参加者の質問を直接解決することや、その後のクロージング誘導にも適しており、加えて登壇者の業務負荷を軽減することにも繋がります。

では、実際の手順をご紹介していきます。まずは、事前にウェビナー内容を動画撮影し、動画ファイルを作成します。動画作成用のソフトを利用しても良いですが、コクリポならシンプルな録画機能を備えており、気軽に動画を収録できます。収録画面の右上に録画ボタンが表示されているため、それをクリックした状態でウェビナーを進めましょう。

講師を映す映像はもちろん、資料も含めて動画ファイル化できます。録画が終了したら動画ファイルをダウンロードしましょう。よりコンテンツのクオリティを上げたい方は、別途、動画編集ツールを活用し、参加者により伝わりやすくテロップを入れたり、不要な部分を削除したり、動画編集すると良いでしょう。最近では、無料で編集に必要な機能が備わっているツールがありますので、自分に合うものを検索して探してみましょう。

そして、作成した動画ファイルを使って、画面右上に表示されているアイコンから動画アイコンを選び、再生したい動画をドラッグアンドドロップで指定するだけです。また、コクリポで作成した動画ファイルは自社サイトやYouTubeでも配信できます。

その場合は、コクリポの画面共有機能で、事前にyoutube等にアップしたブラウザページを参加者に画面共有することで配信可能です。動画ウェビナー配信終了後は、質疑応答タイムを設け、参加者とのセッション時間を取りましょう。ここではチャット機能や、アンケート機能また、音声発言機能を活用し、参加者のニーズや情報を引き出しましょう。

このようにリアルウェビナーと動画ウェビナーを組み合わせることで、よりリード獲得の成果に繋げることが可能です。一度試してみてはいかがでしょうか?

 

コクリポの録画機能についてもっと知りたい方はこちら

 
 

まとめ

必要に応じて、オンデマンド配信でウェビナーを実施しよう

ウェビナーの配信方法にはオンデマンド配信とライブ配信があります。オンデマンド配信のメリット・デメリットは以下のとおりです。

【メリット】
・編集で高品質な動画を作れる
・多くの人が視聴できる
・配信トラブルのリスクが低い
【デメリット】
・双方向のコミュニケーションは不可
・配信までに時間と手間がかかる
・視聴を後回しにされやすい

以上を踏まえ、自社に最適な方法でウェビナーを実施しましょう。

 
 

\コクリポウェビナーについて資料請求をご希望の方は/

ウェビナー資料ダウンロードはこちら>>

 

\ウェビナーについてのご相談はこちら!webミーティング受付中!/

無料ミーティング予約はこちら>>

 

ページの先頭に戻る
PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com