Blog

34-オンライン研修は、ウェビナー(Webセミナー)ツールで始めよう!

 

オンライン研修とは

 

オンライン研修とは、インターネットを利用して行う形式の研修です。本社と支社など、地理的に離れていても統一的な研修を行える方法として注目されています。

ちなみに、オンライン研修と似た言葉にeラーニングがあります。eラーニングとは、管理者が事前に用意した教材コンテンツを、学習者が自由に使う学習方法です。管理者はあくまで教材の提供と学習の進捗状況、成績などを管理するだけで、勉強そのものは学習者が主体的に行うことになります。

一方、オンライン研修はリアルな場で行う研修をオンライン上で再現するものです。リアルタイムにWeb上で集合し、講師の指示に基づいて学習することになります。グループディスカッションやロールプレイによるスキルの習得などに適した学習方法と言えるでしょう。

オンライン研修ツールの種類


 
 
オンライン研修にはITツールが必要になります。では、具体的にどのようなツールを使えば良いのでしょうか。

録画配信なら「オンライン研修ツール」

オンライン研修ツールは録画配信に適したツールです。名前は「オンライン研修」となっていますが、どちらかと言えばeラーニング向けのシステムです。
オンライン研修ツール上では、動画を中心としたコンテンツが配信されます。学習者はインターネットを通じてそこへアクセスし、教材を利用して勉強します。

スマートフォンやパソコンがあればどこでも勉強できるため、時間や場所の制限を受けません。リアルな場での研修と異なり、スケジュールの調整も不要です。時差出勤やテレワークなど、働き方改革による労働時間の多様化にも対応可能です。

また、管理者にとっては教材の作成や進捗の管理が楽というメリットがあります。たとえば、過去にリアルな場で開催した研修の撮影動画を教材として流用すれば、ゼロから教材を作る必要はありません。また、そうして配信した教材がどのように利用されているのかも、オンライン研修ツール上で確認できます。

リアルタイム配信なら「ウェビナーツール」

ウェビナーとはオンラインセミナーのことです。ウェビナーツールを使えば、リアルタイム配信でオフラインのセミナーに劣らないウェビナーを開催できます。チャット機能やアンケート機能など、主催者と参加者のコミュニケーションを促す機能も豊富に備わっています。

そして、それらの機能を使えば、ウェビナーツールでオンライン研修を行うことも可能です。たとえば、チャット機能を使えば質疑応答ができ、学習を深められます。ウェビナーツールでは参加者の顔が見えないため、質問するハードルが下がり、活発な意見交換が実現するでしょう。

また、画面共有機能を使えば、主催者の画面を見ながらビジュアルな研修を行えます。ITシステムの操作方法を研修で教える場合など、細かい手順を画面上で示したい場合に有効です。そのほか、録画機能でオンライン研修の記録を残して後に教材化したり、アンケート機能で参加者の学習状況を確認したりすることもできます。
  

オンライン研修のツール活用で失敗しないためのポイント


  
続いて、ツールを活用してオンライン研修を実施する際に気をつけるべきポイントを紹介します。

研修内容を明確にする

初めに、具体的にどのようなオンライン研修を行いたいのか明確にしましょう。なぜなら、研修内容によってツールに求められる機能や特徴が変わってくるためです。

たとえば、ビジネスマナーのようなヒューマンスキルの研修を行いたいとしましょう。この場合、ロールプレイやディスカッションのような、参加者同士のコミュニケーションを促進する機能が求められます。チャットやアンケートのほか、共同で書き込めるホワイトボード機能などがあると良いでしょう。

一方、専門知識を教える研修をしたい場合は別の機能が求められます。オンライン研修ツール上でPDFや動画形式の教材ファイルを共有したり、後でそれをダウンロードしたりできる機能があると便利でしょう。このように、研修内容から必要な機能・特徴を洗い出すことで適切なツールを選定できるようになります。

オンラインで行う範囲を明確にする

オンライン研修でできることはたくさんありますが、オフラインの方が適していることも多く存在します。
例として、ビジネススキルの研修を考えてみましょう。
ビジネスメールの書き方や文書作成については、オンライン研修ツール上で画面共有機能などを使えば学習できるでしょう。しかし、電話応対や名刺交換のようなグループワークが必要な学習内容は、オフラインの方が適しています。

高い成果を上げるには、オンライン研修でできることとそうでないことを明確にし、オン・オフラインを適切に使い分けることが大切です。双方のメリットを活かし、効率的な学習を目指しましょう。
  

まとめ


  

オンライン研修には、ウェビナーツールの活用がおすすめ!

オンライン研修とはWeb上で行う研修のことです。録画配信と、リアルタイムに配信するライブ形式があります。前者にはオンライン研修ツール、後者にはウェビナーツールが適しています。

特にライブ形式のオンライン研修は双方向のコミュニケーションが取れるため、オフラインの研修と比べても遜色のない研修が実現します。この機会にウェビナーツールの導入を検討してはいかがでしょうか。

 

コクリポは、平日ほぼ毎日機能説明ウェビナーを開催しております!
「匿名」、「顔出しなし」でご参加できますので、是非お気軽にご参加をください♪

  
機能説明ウェビナーに参加する

 

-まずは、コクリポの概要資料をお求めの方は―

  
ウェビナーについて資料請求する

 

ページの先頭に戻る
PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com